生活習慣から腰痛が持病に

| トラックバック(0)

私自身、40年以上も、「腰痛持ち」でした。

ぎっくり腰から始まって、それ以後、何回も腰痛を起こしました。

そのたびに、医者や整骨院などに駆け込んでいました。

でも、痛みが消えて、少し良くなったら、そのままにしてしまい、

気が付いたら又、「再発!」

そして、何回も腰痛を経験する内にいつの間にか、自分の中では

「腰痛は持病であり、治らないもの」というレッテルを貼っていたのです。

でも、ふと思いました。

「持病」っていうけど、なぜいつまでたっても持病なんだろう?

どうして、いつまでも腰痛から解放されないのだろう?

健康管理士になっていろいろと雑誌や専門書を読み、たくさんのセミナー

にも参加し研究してきたのですが、ある時、持病と言っている自分の中に

ある「性癖」を発見したんです。

性癖と言うのは言葉がおかしいかもしれませんが、自分がいつもやってい

る「くせ」であり「習慣」です。

何かが起こったときに、いつも自分がする「考え方」であり、「行動の仕方」

であり、自分が「まったく自然に」、「無意識の内に」起こしている行動するパターン」があったのです。

そうです。これはひとつの「生活習慣」なのです。

そして、その生活習慣から腰痛が持病になっているとしたら、

腰痛は「生活習慣病」とも言えるのではないでしょうか?

福辻式腰痛ストレッチ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、inforeが2019年1月22日 12:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子供は悩み解消してあげたい」です。

次のブログ記事は「気になる伊勢市着物レンタル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30